2006年06月13日

戒田竜治がポストパフォーマンストークゲストで登場☆

満月動物園の戒田竜治が、
6月24日(土)14:00からin→dependent theatre 2ndで
上演されます、ルームルーデンスさんの「身毒丸」の公演終了後の、
ポストパフォーマンストークのゲストとして招かれました。

この公演は、先日の満月動物園 光の三部作-青
「スカイ/フォーカス」も参加しておりました、
in→dependent theatre 春のセレクション'06
フィナーレを飾る、最後の公演になります。

公演自体は23日(金)〜25日(日)で行われて
おります。
ルームルーデンスさんは東京を主な活動の場と
されておりまして、大阪には初登場☆

ぜひ、足をお運びくださいませ☆

下記はin→dependent theatre 春のセレクション'06公式ブログより引用。

【日  程】6月 23日(金) 19:00
         24日(土) 14:00/19:00
         25日(日) 14:00

【会  場】in→dependent theatre 2nd

【料  金】前売3,500円 当日3,800円
      
【作】岸田理生
【演出】田辺久弥

【キャスト】棟方絵夢、村松真理子、柿澤亜友美、青山のぞみ、高木菜緒 ほか10名

【問い合わせ先】03-3740-1080
info@roomrudence.com

【ホームページアドレス】
http://roomrudence.com

◆ルームルーデンスとは。。。
 もと演劇実験室◎万有引力の田辺久弥を中心とし、1995年に活動を開始。これまでにソポクレス作「オイディプス王」、江戸川乱歩作「盲獣」、フランツ・カフカ作「変身」、オスカーワイルド作「サロメ」、アイスキュロス作「エレクトラ」、坂口安吾作「夜長姫と耳男」等を発表。ギリシャやスイスでの海外公演も行う。
岩手県に1200年伝承される民俗芸能「鬼剣舞」を軸に、三味線・現代音楽・舞踏など他ジャンルの芸術家との合同公演も実施。また2003年からはプロと現役高校生とのコラボ企画・エデュケーションプログラムも行っている。

◆今回の作品は。。。
「もういちど、ぼくをにんしんしてください」
2003年6月28日に永眠した岸田戯曲賞劇作家の岸田理生氏。その氏の戯曲上演企画・岸田理生作品連続上演に3年連続で参加し、氏の作品・当劇団ともに大阪へ初進出します。中世の説教節「しんとく丸」に題を得て浄瑠璃・歌舞伎・現代演劇など様々な形で上演されてきた物語を、ルームルーデンスが新演出いたします。

◆インターネットラジオには、6/21(水)に出演予定


スポンサードリンク


posted by fmz-news at 00:55 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 満月動物園 NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。